【アカリコ】登場キャラ(クリエイター)の詳細を公開!

公開日:
カテゴリー/タグ: おすすめアプリ

chara_top_all

 

本日公開された「アカシックリコード(アカリコ)」に登場するキャラクター

 

物語の中心となるであろう

召喚する力を持つ「創造者(クリエイター)」を紹介していきます!

 

 

 

アカリコ登場キャラ「クリエイター」一覧

 

 

本の悪魔に依頼され、各作品世界に入り、紙魚と戦うものたちの総称。大抵が投稿サイトの悪魔の書架で活躍している者である。彼らは自らが戦うのではなく、自分の作品のキャラクターを召喚、使役して紙魚を除去する(一部に例外もいるが)。キャラクターを想像する力が必要なため、それが可能だと判断された者しか、本の悪魔に呼ばれない。なお、主人公は特例であり、独自の物語を何も生み出していない。

 

 

 

主人公  CV:花江 夏樹

 

chara_01_fig

失った記憶を追い求める

「最高の読者(オールマイティ)」

 

本作の主人公であり、プレイヤーの分身。あらゆる物語に深く入り込み、キャラクターたちと共感できる。

 

そのため、古今東西すべてのキャラクターを呼び出せる、という希有な能力を持つ。失った記憶を取り戻すため、ライラと共に”悪魔の書架”で紙魚と戦う。

 

 

 

甲斐 浩太郎  CV:石川 界人

 

chara_03_fig

マーケティングを超えるオリジナルを目指す

「ラノベ系クリエイター」

 

主人公の同級生。明るく気安く、調子のいい友人。主人公と共に”悪魔の書架”に引き込まれる。

 

”悪魔の書架”ではライトノベル系の作品を投稿している。流行や読者の反応を重視し、ランキングを上げているが、反面オリジナリティがないことが悩みの種。代表作は「レディドラキュラ」。

 

 

鳳 かりん  CV:上坂 すみれ

 

chara_04_fig

名家の生まれながら、とある情熱を秘める

「乙女系クリエイター」

 

”悪魔の書架”乙女系ランキングトップの少女。代表作は「白蘭の三銃士」。

 

由緒ある家のひとり娘であり、本物のお嬢様。清く、正しく、美しく生きていくことを心がけている。だが、家族に打ち明けられぬ悩みがあり、内緒で作品を投稿している。

 

 

 

渡 藤助  CV:杉田 智和

 

chara_09_fig

批評の裏にある、紙魚に対す恨み

「SFクリエイター」

 

ブログにて、数々のSF作品を批評している男性。広い知識と鋭い指摘による批評は評価される一方、冷徹すぎる意見はたびたびにトラブルを引き起こし、周囲に問題人物という認識を与えている。

 

”悪魔の書架”への投稿はしていないはずだが・・・。

 

 

 

 

御崎 折鶴  CV:桑原 由気

 

chara_11_fig

本当に怖いものを知り、ホラーと共に生きる

「ホラークリエイター」

 

”悪魔の書架”で都市伝説めいた短編を投稿し続けている少女。まだ中学生にも関わらず、べったりと心に張り付くような作品が多くの人に評価されている。

 

口数の少ない、非常に大人しい少女だが、恐怖や苦しみについては独特の感性を持っている。紙魚についてなにか知っているような節も。

 

 

 

ジレル  CV:小松 未可子

 

chara_12_fig

危険を顧みず、自身の体で表現を行う

「コスプレイヤー」

 

もでるとして活躍しつつ、”悪魔の書架”ではコスプレイヤーとしても活動しているという、アクティブな女性。朗らかで気安く、相手を笑顔にできる人物であり人気は高い。

 

正義感が強く、作品世界の危機を救うためにクリエイターとして戦っている。

 

 

 

陸原 智  CV:櫻井 孝宏

 

chara_15_fig

止め処ない知識欲は、時に創作の力となる

「ミステリークリエイター」

 

大学院でAIの研究をしている青年。AIに物語を書かせる実験をしており、”悪魔の書架”にAI作のミステリーを投稿している。なおランキングはまだまだの模様。

 

落ち着いた風体ながら、知的好奇心は人一倍あり、それによって暴走することもしばしば。謎を求めて”悪魔の書架”に出向いている。

 

 

 

穂村 千尋  CV:茅野 愛衣

 

chara_17_fig

主人公の記憶から抜け落ちた、

「大切な少女」

 

主人公の夢の中に出てきた少女。なにか主人公とつながりがあったようだが、それは思い出せない。とても大切な思い出であった、という感覚だけが残っている。

 

 

 

神秘蒐集者 アルセーヌ・ルパン  CV:大塚 明夫

 

chara_10_fig

作品世界を飛び回る

怪盗紳士。

 

クリエイターに召喚されたキャラクターではなく、独自に動いているらしい。

本来、召喚されずに作品世界を渡り歩くことなど不可能だが・・・?

 

 

 

本の悪魔  CV:中田 譲治

 

chara_05_fig

対価と契約によって力を与える、

「謎に包まれた存在」

 

有史以来、人間が作り出してきた知的創造物すべてを管理している、と語る存在。才能あるものを”悪魔の書架”に呼び込み、契約により、紙魚と戦わせている。

 

その正体は不明。なお投稿サイト”悪魔の書架”の管理もしている模様。

 

 

 

 

まとめ

 

個性的で魅力的なキャラクターたちが多数登場するようですね!!!

次回は、この「クリエイター」のパートナーとなるキャラクターたちも紹介していく予定ですのでお楽しみに♪

 

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 当サイトはゲーム好きの管理人が独断と偏見でチョイスしたゲーム関係で話題の情報を記事にして紹介しております。

    ”GameTwoLife"の由来

    GameTwo= "ゲーム通"
    Game to life ="人生にゲームを"
    ”ゲーム通の管理人が皆さんの人生にゲームをお届けしたい”というコンセプトでサイトを立ち上げました。

    皆さんにとって少しでも有益な情報を提供できるように、日々更新していきます!

    このゲーム紹介して欲しいなど記事作成の依頼等あれば、お問い合わせくださいm(__)m

▲ PAGE TOP